「ほっ」と。キャンペーン

映画 日記


by mmamesu0305

今や日本映画

先日第81回アカデミー賞外国映画賞に『おくりびと』が受賞しましたね。
誌面やニュースで取り上げられてたので
皆さんご存知ですよね。

初めて日本が受賞!とわいてましたね。

実はまだこの映画観てなんですよね。
観たいとおもいつつ時間がたちました。

この中の主人公の仕事『納棺師』が脚光をあびてますね。
聞きなれない職業ですよね。私もこの映画で初めてしりました。
私も祖父や祖母が亡くなったとき葬儀には立ち会っていますが
灌よくよく調べてみると、葬儀の際にお願いしなくてはいけないようです。

『納棺師』の仕事内容は白い着物(経帷子)に着せ替えたり
希望があれば好きだった洋服に手品のように着替えさせてくれるようです。
また洗髪や顔をきれいに剃ったり、爪を切ったり、マニキュア、毛染めをしていだだけます。
そのほかには、湯灌(お風呂)にも入れていただけるようです。
キレイな姿でおくるという気持ちがとても素敵ですね。

この『納棺師』の歴史は古代エジプト時代にさかのぼるそうです。
日本では以外に歴史は浅く、数十年だそうです。

葬儀で『納棺師』にお願いした葬儀はとてもいい葬儀のようです。
いろんな儀式が見れるのもいいようです。

この映画の影響で『納棺師』をお願いする人が増えたようです。

映画を観て、改めて人の死について考えて
葬儀についても考えるいい機会かもしれません。
[PR]
# by mmamesu0305 | 2009-03-05 12:52

ひさしぶりに

先日DVDをレンタルして『スターウォーズ シスの復讐』を観ました。

ひさしぶりのスターウォーズに興奮しました。
やっぱりおもしろいですよね。

最初に日本公開されたのが1978年
年がばれますが私が11歳のときでした。
映画館で観た時にはとにかく映像がすごくて、おもしろと興奮したものでした。

映画にでてくるキャラクターもとても魅力的でした。
特に、R2-D2やC-3POのロボットは当初はとても刺激的でしたね。
SFXと特殊メイクの映画。

グッズやおもちゃもたくさんでました。
今も販売されてますよね。
ライトセーバー欲しかったですね。

日本公開から
1980年『スターウォーズ 帝国の逆襲』
1983年『スターウォーズ ジェダイの復讐』
1997年『スターウォーズ 特別編』
1999年『スターウォーズ エピソード1』
2002年『スターウォーズ エピソード2』
2005年『スターウォーズ シスの復讐』
2008年『クローンウォーズ(アニメ)』

とたくさんのシリーズが公開されました。
みなさん印象に残っているのではないですか。

DVDで観たシスの復讐はおもしろかったです。
私もですが、一緒に観た子供たちも食い入るように観てました。
特に4歳の娘がライトセーバーで戦うシーンが大好きで
このシーンになると画面に釘付けでした。
こんな小さな子供でもはまってしまう映画はそうそうないですよね。
またこの映画はダースベーダーの誕生がわかるので
また、改めて『スターウォーズ』を観たくなりました。

みなさんも是非一人でもいいですが
家族で、子供一緒に観て見てください。
共通のおもいしろい映画があるのっていいですよね。
[PR]
# by mmamesu0305 | 2009-03-05 12:34